靴磨き・革靴お手入れ用品に関する情報は靴手入れのR&Dにお任せ下さい!

オイルドレザー(オイルレザー)のお手入れ方法

STEP1

オイルドレザーのブーツをお手入れします。

※表面が乾燥によるカサカサ感と汚れが付着した状態です。

STEP2

プロホースブラシでブラッシングして表面のホコリや泥などを落とします。

STEP3

ステインリムーバーを布に取り、表面を軽くふき取ります。

STEP4

クロスに色が付きます。これが表面やシワの間に残っているオイルや汚れです。靴の表面のオイル分や汚れが取れて、光沢感がなくなり落ち着いた雰囲気になります。

※古いクリームなどがたくさん付いている時は、何度か繰り返して下さい。

STEP5

※コバ部分は、M.モゥブレィ・ガムスペシャルを使用すると非常によく汚れが落ちます。

STEP6

M.モゥブレィプレステージ・クリームナチュラーレもしくはM.モゥブレィプレステージ・ビーズエイジングオイルをポリッシングコットンに取り、靴全体に軽く塗る感じで広げます。

STEP7

塗ったクリームが乾燥しないうちにすばやくプロホワイトブラシを全体にしっかりとかけて、クリームを均一に靴全体に広げながら、余分なクリームを取り除いて行くと、この段階で自然な光沢が出てきます。

※ブラシの毛は少し堅めの化繊や豚毛の方が伸びが良く光沢も良く出ます。

STEP8

ブラッシングでは取りきれなかった残っているクリームをグローブクロスでさらに磨きをかけて仕上がりです。

※磨いていると光沢がより出てきます。表面にクリームが無くなり通気性も良い状態に保てる上、汚れも付きにくくなります。

STEP9

お手入れ後は、革に油分がしっかりと戻り、自然な光沢感やオイルドレザーの持つ独特な雰囲気が出てきます。皮革の寿命も格段に延びます。
(画像:左お手入れ前 右お手入れ後)

【さらに防水性とツヤを出したい時】

STEP1

スプレー本体を良く振ってから、ヒマラヤワックスをスプレーして下さい。

※スプレー後は靴の表面にロウの成分が残るので、白っぽく結晶が残ります。

STEP2

スプレー後すぐにポリッシングコットンにで皮革に油分を馴染ませる要領ですり込んでいき、その後空ブキをします。

※空ブキの際はクロスの場所を適時変えながら行うと上手くいきます。

STEP3

最後に水を数滴革の表面にのせて、ポリッシングコットンで磨きこんで下さい。表面がなめらかになり、光沢感もでます。皮革の表面がツルッとするまで数回繰り返して下さい。

※表面がサラッと仕上りますので、汚れやホコリなども付着しにくい状態ができあがります。

革靴・革カバン・革小物 お手入れ方法

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter

BLOG(最新記事)

革靴・革カバン・革小物 お手入れ方法

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2017 R&D CO.,LTD. All Rights Reserved.