靴磨き・革靴お手入れ用品に関する情報は靴手入れのR&Dにお任せ下さい!

オーストリッチ・ペッカリーのお手入れ方法

オーストリッチとペッカリーは、基本的に同じケア方法です。 

オーストリッチの特徴は、クイールマークというシボです。

ペッカリーの特徴は、3つ横に並んだ毛穴です。

CASE1 【基本のお手入れ方法】 ※新品の場合は「M.モゥブレィ・ナッパケア」を使用します。

STEP1

プロホースブラシで表面のホコリや泥などを落します。
※ホコリを落す時には毛先が細く柔らかい馬毛のブラシが便利です。

STEP2

M.モゥブレィ・ナッパケアを30cm程離した遠目から全体的に均一に薄くスプレーして下さい。
スプレーすると全体が少し濃くなりますが、時間の経過とともに落ち着いてきます。
皮革に潤いと栄養分を与えてしっとりと仕上ります。

STEP3

プロ・ブラックブラシで全体をブラッシングした後、M.モゥブレィ・グローブクロスで仕上げの磨きをします。

CASE2 【しばらく使い込んだ靴のお手入れ方法】※少し光沢感(ツヤ)を出したい場合 

STEP1

プロホースブラシで表面のホコリや泥などを落します。
※ホコリを落す時には毛先が細く柔らかい馬毛のブラシが便利です。

STEP2

M.モゥブレィ・クリームエッセンシャルM.モゥブレィ プレステージ・クリームナチュラーレポリッシングコットンに適量とり、クリームエッセンシャルを布になじませます。
※クリームを布になじませてから使用すると、皮革に均一に塗り込むことが容易になります。クリームエッセンシャルを塗り込みながら空ぶきをします。
※潤いを与えながら、光沢感が出ます。軽いクリーニング効果もあります。
※クリームを塗った後は、時間をおかずに素早くブラッシング・空ブキをして下さい。

STEP3

プロ・ブラックブラシで全体をブラッシングした後、M.モゥブレィ・グローブクロスで仕上げの磨きをします。

CASE3 【しばらく使い込んだ靴のお手入れ方法】

STEP1

プロ・ブラックブラシで全体をブラッシングした後、M.モゥブレィ・グローブクロスで仕上げの磨きをします。

STEP2

M.モゥブレィ・デリケートクリームをポリッシングコットンに適量とり、デリケートクリームを布になじませます。
※クリームを布になじませてから使用すると、皮革に均一に塗り込むことが容易になります。

STEP3

デリケートクリームを塗り込みながら空ぶきをします。
※潤いと栄養を与えながら、皮革をしっとりと仕上ます。
※クリームを塗った後は、時間をおかずに素早くブラッシング・空ブキをして下さい。

STEP4

プロ・ブラックブラシで全体をブラッシングした後、M.モゥブレィ・グローブクロスで仕上げの磨きをします。

CASE4 【オーストリッチ革小物のお手入れ方法】

オーストリッチの革小物です。

新品の場合

M.モゥブレィ・ナッパケアを30cm程離した遠目から全体的に均一に薄くスプレーして下さい。
スプレーすると全体が少し濃くなりますが、時間の経過とともに落ち着いてきます。
皮革に潤いと栄養分を与えてしっとりと仕上ります。
※クリームを塗った後は、時間をおかずに素早くブラッシング・空ブキをして下さい。

少し光沢感(ツヤ)を出したい場合 

M.モゥブレィ・クリームエッセンシャルをポリッシングコットンに適量とり、クリームエッセンシャルを布になじませます。
※クリームを布になじませてから使用すると、皮革に均一に塗り込むことが容易になります。クリームエッセンシャルを塗り込みながら空ぶきをします。
※潤いを与えながら、光沢感が出ます。軽いクリーニング効果もあります。
※クリームを塗った後は、時間をおかずに素早くブラッシング・空ブキをして下さい。

マット(ツヤを出さないで)仕上げをしたい場合

M.モゥブレィ・デリケートクリームをポリッシングコットンに適量とり、デリケートクリームを布になじませます。 ※クリームを布になじませてから使用すると、皮革に均一に塗り込むことが容易になります。 デリケートクリームを塗り込みながら空ぶきをします。
※潤いと栄養を与えながら、皮革をしっとりと仕上ます。

革靴・革カバン・革小物 お手入れ方法

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter

BLOG(最新記事)

革靴・革カバン・革小物 お手入れ方法

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 2018 R&D CO.,LTD. All Rights Reserved.